おしらせ


2017/06/13

illumina Opt. illuminar (試作品) 25mm F1.4(C-mount) Rev.2


イルミナーをAPS-C機で試す
illumina opt. illuminar ペリドット(試作品) 25mm F1.4 x fujifijm x-pro1
「宝石レンズ」の異名を持つイルミナー(illuminar)は、内部に埋め込まれた「宝石」の輝きを写真に活かす、全く新しい発想から生み出されたレンズです。宝石を通り抜け乱反射する光からは幻覚にも似た素晴らしい写真効果が得られるため、カメラ女子を中心に今にもブレークしそうな兆候が出始めています。本ブログでは昨年10月にレンズの試作品を手に入れ記事として取り上げましたが[1]、ここ最近になってデジカメWatchの連載記事「デジカメドレスアップ主義(澤村徹さん執筆)」にも取り上げられ、注目度はますます上昇しています[2]。今回のブログエントリーではAPS-Cセンサーを搭載したミラーレス機でのイルミナーの使い方と実写結果について、まとめることにしました。

供給元のイルミナオプトはレンズを使用するカメラとして、オリンパスやパナソニックなどのマイクロフォーサーズ機を推奨しています[3]。マイクロフォーサイズ機で使用した場合、写真の四隅が暗くなる「周辺光量落ち」のバランスが絶妙で、とても印象的な写真が得られるという理由からです。一方、一回り大きなAPS-Cサイズのセンサーを搭載したカメラでは光量落ちが過度になり、四隅がトンネル状に切り取られ、完全なダークコーナー(暗角)になってしまいます。しかし、この問題を回避する方法がありました。FUJIFILMやEOS Mシリーズなど一部のAPS-C機ではカメラの設定メニューで写真のアスペクト比を変え、画像の四隅を切り落とすことができます。たとえばアスペクト比を1:1に変えてやれば写真の対角線長は22mmとなり、マイクロフォーサーズセンサーの対角線長21.6mmとほぼ同等なので、問題なく使用できるわけです。ただし、周辺部光量落ちの様子には若干の差異が生じるはずですから、実写による検証は不可欠です。アスペクト比1:1での撮影結果についてはイルミナオプトにもデータがなく、是非とも検証してほしいそうです。

今回の記事ではFUJIFILMのAPS-C機X-PRO1をアスペクト比1:1の設定で用いて、イルミナー(ペリドット)とカメラの相性をチェックしてみました。カメラへの装着にはCマウントレンズ用のアダプター(C-FX アダプター)を介しています。

参考文献・資料
[1] M42 MOUNT SPIRAL: 2016.10.25ブログエントリー
[2] デジカメWatch連載記事「デジカメドレスアップ主義(澤村徹さん執筆)」:フレアが弾ける宝石レンズ
[3] illumina opt. illuminar lens公式ページ

F2.8, FUJIFLM X-Pro1(WB:蛍光灯1, アスペクト比1:1) イルミナー(ペリドット)では波紋状の乱反射が発生する。イルミナー(アメジスト/ブルートパーズ)では見られなかった効果だ


F2.8, FUJIFILM X-PRO1(AWB,  アスペクト比1:1) 周辺光量落ちの様子はマイクロフォーサーズ機での使用時ほど絶妙ではないものの、悪くないレベルだ

F1.4(開放), FUJIFILM X-PRO1(AWB, アスペクト比1:1) 蛍光灯の光に反応し、宝石色(緑色)に「色被り」を起こしている

上の写真作例から明らかなように、APS-C機でもイルミナーを充分に活用できることがわかります。アスペクト比を1:1に変更することでローライフレックスやハッセルブラッドなど大昔の中判カメラで撮ったものと同じ真四角の写真になっています。この場合、縦も横もありませんので人により好き嫌いがハッキリと分かれるのではないかと思われます。私は勿論、真四角の写真も大好きです。

イルミナーは2017年6月1日の正式版の発表とともにホームページが開設され、現在は6月20日の発売にむけ準備が進められているそうです[3]。鏡胴のバリエーションはシルバーとブラックの2種で、購入者はホームページ上の選択メニューでアメジスト、ブルートパーズ、ペリドットの3種類の天然石のいずれかを選択し、イルミナオプトに改造依頼を申し込みます。価格は1本19800円(税抜き)です。本記事を書く段階では製品版がありませんでしたので、撮影テストには試作品を借用しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

匿名での投稿は現在受け付けておりませんので、ハンドルネーム等でお願いします。また、ご質問を投稿する際には回答者に必ずお返事を返すよう、マナーの順守をお願いいたします。